ORIGINALS

EMBGではオリジナル活動が盛んです。
ここではそんな個性溢れるオリジナルバンドの一部を紹介します。
各アイコンからそのバンドのサイト、Twitter、YouTubeなどに飛ぶことが出来ます!

hannariboys
Altanative
2015年7月末、京都は吉田にて結成。
男女ツインボーカルのポップでキッチュなロックバンド。
「はんなり」でありたい。

Roaring Sludge
Metal
ツインリードを聴かせる4人組メタルバンド。シンプルに捻くれた楽曲。禍々しい空気感。
人間のキタナイ部分を曝け出し吐き出して喚き散らすことにより、我々は前に進む。

Easy Yoke
No Date

Nameless One
Melodic Death Metal
轟音に依り紡がれるは、名も無き英雄の物語。
正統派ヘヴィーメタルの流れを汲むメロディアスかつへヴィ―な楽曲によって表現される幻想的な世界観を持つメロディックデスメタルバンド。
全国紙BURRN!や激ロックやヤングギターにも掲載されるなど全国的に知名度をあげている。
ドラムのYAMASHUのみEMBGより輩出。


at break of day
Rock
2013年9月から現体制で京都で活動しているバンド。通称アトブレ。
頑固で不器用な4人によるまっすぐな歌をエモーショナルに届けます。


Cry Baby, May You Smile Tomorrow
Metalcore/Screamo/Melocore

同志社LILAC RAINBOWSと混成で構成される、通称くらべび。
男女ツインボーカルを前面に押し出し、メタルコアや叙情ハードコアを軸に、メロコア、スクリーモ、果てはアニソンの要素までも取り込み、メロディックさとハードさを自在に行き来する楽曲が持ち味です。

you,any
Emotional Rock

「you,any」と書いて「ゆえに」と読む。
澄んでいてどこか切ないボーカル
それを引き立たせるように演奏が展開される
日本の両端と真ん中から三人によるバンド
今後の活動に期待!

None but air
Post Rock

サンプリングやノイズ、壮大なオーケストラをバックとした轟音系ポストロックバンド。
音楽と映像を融合し、一つの作品となったステージに思わず見とれてしまうだろう。
EM外の方も参加しているが、EMのイベントにも出演するなどしているので紹介させてもらった。
初の東京遠征も果たし、精力的な活動を行なっている。

Lattice
Chaotic Jazz
Vo/Vln,Key×2,Ba,Drという構成のバンド。
各々が非常に高い技術を持ちながらも、それを最大限にシンクロさせた曲作りはお見事。変拍子。
jizueなど実力派バンドとの対バンをこなすなど話題沸騰中。目指せ60歳武道館!

Blind Colored Scheme
Hardcore

EMでお馴染みの重鎮ハードコアバンド。通称BCS。
安定感のある重厚なアンサンブルの中のエモーショナルなサウンドが聞く者の魂を揺さぶる。
日本各地を駆け巡り、精力的に活動しているバンドである。


Pop Pop Pigeon
Dream Pop

Keisuke Yoshiura 
Instrumental
ジュニアさんの兄こと通称シニアさんのソロ活動。
アコースティックギターのフィンガースタイルになります。
何それ?って人はリンク先へ!
高い技術はもちろん、洗練された美しい旋律には誰もが納得するだろう。
ライブも数多く行われておられるので、演奏を聞きたい方は要チェック!

Chelsea Girl Apartment 
Altanative/Indie/Shoegazer

EMのオリジナルバンドとして紹介するのは相応しくないかもしれないが、EMの人はこんなバンドもやってるよってことで紹介させていただいた。
京都・大阪などで精力的に活動しているバンド。
オルタナやシューゲイザー、インディーロックなどに影響を受けている彼らの音楽は完成度高し。
2011年11月には念願の?西部講堂デビューも果たした。

Kind Rock Mountain
Rock'n Roll
tamtamさん率いるロックンロールバンド。
完成度の高いロックンロールサウンドとライブパフォーマンスは圧巻。
聞けば元気になること間違い無し。
是非ともまた彼らのステージを見たいところである。

Plumstan 
Funk

EMでは珍しいファンク系オリジナルバンド。
結成当初はインストだったが、ヴォーカルが加わり更に豪華なアンサンブルとなった。ホーン隊も大活躍!
そのビートを聞けば体が勝手に踊りだしてしまうだろう。

HAKKA 
Rock
ガールズバンドかと思ったらハーレムバンドだった!
クセになるギターリフとメロディーに魅了された隠れファン多数。
YMK氏「2010年のEMCDはHAKKAしか聞いてないわ。」
今後もどんどん僕達にその演奏を聞かせて欲しいところである。

Sensitive Within the Sight 
Hardcore
通称SWIS。
その壮大な曲展開、美しいアルペジオと激しくエモーショナルなサウンドの融合はハードコアファンのみならず多くの人々を虜にする。
デモ音源がSTMで売り切れるなど、その音に魅せられた人々は少なからずいるようだ。

ブルーベリル
Pop
09年度生を中心として活動しているバンド。
綺麗にまとまったバックに支えられたキャッチーなメロディーが印象深い。
最近メンバー交代を経て新体制となった。
今後はどのような活動を見せてくれるのだろうか。

Mocafee 
Jazz/Soul

2010年度NFにてデビューを果たしたバンド。
繊細な演奏にソウルフルな歌声がうまく調和している。
普段はいつ活動している分からないが、節目になると現れる。
次はいつその演奏が聞けるのだろうか。

Zipangu
Progressive
hrt氏「古き良き正統派ジャパニーズプログレだわ」
彼をしてそう言わしめた実力派?プログレバンド。
ライブ中に白米を口にするなどその前衛的な演出も話題を呼んでいる。
古き良き日本を伝えるため今日もマイク片手に語ります。侘び寂び。
どう見てもAmerica人です。

the science talk 
Altanative/New Wave
OKOJOをフロントマンとして結成されたロックバンド。通称サイトー。
もはや見慣れた4人組。だからこそその音には確かな方向性とまとまりがある。 mn君「hrtさんのドラムかなりscience!」
現在3人体制で京都を中心に活動中


And More...
<script type="text/javascript"><!-- var fc2footerparam = 'charset=' + (document.charset ? document.charset : document.characterSet) + '&url=' + document.location + '&service=0&r=' + Math.floor(Math.random()*99999999999); var fc2footertag = '<' + 'script src="http://vip.chps-api.fc2.com/apis/footer/?' + fc2footerparam + '" charset="UTF-8"><' + '/script>'; document.write(fc2footertag); //--></script> <!-- FC2, inc.--> <img src="http://media.fc2.com/counter_img.php?id=50" style="visibility:hidden" alt="inserted by FC2 system" width="0" height="0"> <!-- FC2, inc.--> </body> </html>